FC2ブログ

キャベツダイエットの効果に関して

キャベツダイエットの効果に関して考えます。キャベツダイエットでの大事な部分、キャベツダイエットの効果的な使い方等々語っていきます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャベツを食べるさいの注意点

今回はキャベツを食べる際の注意点に関してお伝えします。

解熱鎮静剤であるアセトアミノフェンを服用している人は、
キャベツの摂取をひかえめにしましょう。

キャベツの成分によって、薬の作用が弱まってしまう場合があります。

このように食物と薬には、さまざまな相性があります。もし薬を日常的に
服用する必要が生じた場合には、関連性のある食物に関して、よく調べる
なり、お医者さんに聞くなりして、きちんとした知識をもつようにしましょう。


スポンサーサイト

キャベツとがん予防

今回はキャベツとがん予防に関するお話です。

キャベツががんに効くという話は普通はあまり聞かないようにかんじますが、これは誤解です。

キャベツですが、アメリカ国立がん研究所によって提案されたデザイナーズフーズ・リストの中でトップグループに位置付けられた食品なのです。

デザイナーズフーズ・リストのトップクループにはキャベツのはかには、ガーリック、カンゾウ、大豆、しょうが にんじん、セロリ、バーズニップなどがあげられています。からだによさそうな食品が並ぶ中。キャベツも堂々このランクに位置付けられています。

キャベツには、がん抑制成分として知られているイソチオシアナートやインドール化合物、発がん物質の活性化を抑制することで有名なペルオキシダーゼなどが含まれています。

またキャベツに多く含まれるビタミンCは、ガン予防にたいへんな効果があるといわれています。

キャベツは極めて日常的な野菜で、なかなかこういう効用があるとは気が付きにくい部分もありますが。気が付かないうちに体を健康に保ってくれる頼もしい縁の下の力持ちというかんじですね。

キャベツと精神の安定

今回はキャベツと精神の安定に関してです。

キャベツには、カルシウムがたくさん含まれています。

カルシウムは丈夫な骨を維持するという効用だけではなく、イライラを解消に貢献します、精神を安定させる作用ももっているといわれています。

元々青物野菜の代表のようにどこでもいつでもてにいれることができるキャベツを、精神の安定と健康のために食べることはとてもよいことです。

キャベツと肝機能

今回はキャベツと肝機能に関してのお話です。

肝機能とても大切です。特にお酒をよく飲まれる方は要注意の内臓ですね。

キャベツはこの肝機能の改善に一役かってくれます。

キャベツの種類の中に赤キャベツがありますが、この赤キャベツには、血栓を防止するポリフェノールが含まれています。このポリフェノールは赤ワインにも多く含まれていることで有名です。

血栓を防止することができれば、血管がつまるリスクを少なくすることができます。

このことで動脈硬化防止や肝障害抑制などの効果を得ることができるとされています。

この効用で肝機能改善の分野で、今後とても期待される食品とされています。



キャベツとガン

本日はキャベツとがんの関係についてのお話です。

がん、恐い病気ですよね。現代医療の最前線はがん治療との戦いであるといわれています。

キャベツの外側の葉の緑色の部分がありますよね。そこにはカロチンと呼ばれる有効成分が多く含まれています。

このカロチンの特性として、体内でひつような分だけビタミンAにかわり、残りは酸化物質としてはたらくというものがあります。

このビタミンAの特性として、皮膚や粘膜を丈夫にします。

また、がんの予防や、活性酸素の害からからだを守るはたらきもあるといわれています。

キャベツと便秘

本日はキャベツと便秘に関してです。

キャベツは食物繊維の多い野菜としてしられています。食物繊維といえば便秘に効くことで知られています。

食物繊維の多い野菜となると、思いつくにはごぼうとか見るからに繊維多そう!とい感じの野菜ですが、キャベツも食物繊維を多く含んでいます。

食物繊維の効用としては有名な便秘の改善のほかにも、腸内環境を良好に保つことで、大腸がん、高血圧、動脈効果、糖尿病などの所謂メタボ系の病気の予防や治癒に効果があるといわれています。

キャベツと骨粗鬆症

今回はキャベツと骨粗鬆症の予防に関してです。

前回もご紹介したキャベツに含まれる有効成分ビタミンKには、骨にカルシウムが沈着するのを助けるはたらきもあります。

このはたらきが骨粗鬆症の予防に大変効果があるとされています。

逆にビタミンKが不足してくると、骨に十分なカルシウムを取り入れることができなくなり、結果骨がもろくなってしまいます。

さらにこのことで鼻血や大腸炎などをおこしやすくもなります。、

またビタミンKは、赤ちゃんの脳内出血を防ぐという報告もあり、お子さんを授かった女性には十分とっていただきたい栄養素です。

女性の病気といわれる骨粗鬆症、はやいうちからビタミンKをよく摂取するようにして予防にこころがけましょう。

キャベツの栄養素・ビタミンUとK

今回はキャベツに含まれている栄養素のはビタミンUとKについてです。

このビタミンUとKは非常に有効な働きをもっています。

まずビタミンUですが、胃壁の粘膜を強固にして、胃や十二指腸の潰瘍の発生を防ぐはたらきがあります。

このビタミンUですが、そもそもがキャベツから発見されています。キャベジンともいいます。
この言葉は一度はきいたことがあるのではないでしょうか?

ビタミンKの効用ですが、出血してしまったときに血を凝固させる作用があります。例えば潰瘍などからの出血などの効果があります。

ビタミンUの弱点は熱に弱いことです。ですので、ビタミンUを摂取しょうとする場合、キャベツを生ジュースにすると効果的です。いわゆる青汁でしょうか。リンゴジュース等とあわせて飲むと飲みやすくなるようです。


 | キャベツダイエットの効果に関して | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。